東京都港区三田にある、元禄年間創業和菓子の老舗「秋色庵大坂家」。店番をしながらつらつらとつづっているブログです。ホームページはhttp://www.o-sakaya.comです。


by o-sakaya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

a0084767_1451520.jpg

どうも、大坂家の看板娘?です。

黄色い花をつけた小豆が、北の大地ですくすくと育っています。
咲いた花が結実して、やがて莢に育ちます。

当店の小豆は全て北海道産。梅雨明け間近い今日この頃、この夏の
天候はどうかと和菓子業界でも夏のお天気がになるのです。
夏の終わりに台風が北海道の方へ向かうとあぁでもない、こうでもないと
心配したり。

去年は小豆は豊作だったので、今年はちょっとだけ作付け面積を
減らしたんだとか。そんな年に限って台風が直撃・・・なんてことに
ならないで欲しいものですねぇ。。。
by o-sakaya | 2007-07-30 14:16
どうも。大坂家の看板娘?です。

突然ですが明日はわが商店街のビッグイベント「三田納涼カーニバル」が
開催されます。今回でなんと35回目!大坂家のある三田2丁目の交差点
から札の辻までの道路を通行止めにして、夕方5時半から9時まで盛大に
執り行います。

慶応大学のブラスバンドのパレードに始まり、フリーマーケットや定番の
金魚すくい、どじょうつかみ、すいか割りをはじめ、
インド料理やさんの露天や国際色あふれるお店は三田という土地ならでは
かもしれません。たたき売りのようなチャリティーセールもあり、手作り感
あふれる安全で楽しいお祭りなのです。見所がいっぱいありますよ!

目玉はなんと言っても本場のサンバチームが登場する8時頃でしょうか。
彼らの軽快なサンバのリズムときらびやかな衣装に誘われてステージへ
行けば、ステージ前の広場で盛り上がること間違いなしです。

ちなみに大坂家もあんみつと、上生菓子をカーニバル価格で販売する予定です。
甚平姿のうちの子供たちもお店番?(まだ無理かな?)するかもしれません。
でも売り切れごめんとなりますのでお早目のご来店を!!

みなさまぜひお越し下さいませ♪
by o-sakaya | 2007-07-20 19:00

お盆ですね


a0084767_14481983.jpg
どうも。大坂家の看板娘?です。

東京は今週末からお盆ですね。うちでは13日の閉店後に
お迎え火を焚きます。お店の前で火を焚いていると外国人の方が
遠巻きに見物したりして通り過ぎて行きます。異国の方から見たら
「家族で何燃やして遊んでるんだ?」くらいに思われているの
でしょうかね?でも今年は雨予報なので上手く火を起こせるか
心配です。

さて、みなさんはお仏壇に飾ったあとのお干菓子、どうしてますか?
捨ててる方、多いと思います。風習っちゃ風習なんですけど、
食べ物だけにやっぱりもったいないなぁ~。なんて思ったりして。

そこでオススメしたいのが当店特製の菊の打ち菓子。自家製の
こしあんを忍ばせてあるので食べるとしっとりとして美味しいのです♪
今日出来上がったばっかりなのでお盆の前に味見して、13日にまた
お供えするのもいいかもしれませんね?!(笑)
by o-sakaya | 2007-07-10 14:49
a0084767_14451694.jpg

こんにちは。アルバイトの小沢です。

先日、大坂家のおやつ菓子とか季節のお菓子ってどんなものがあるだろう、なんて話になって月ごとに整理してみたんです。やたら大きな紙に大きな字で書いて。
そしたら、まんじゅうのほかに、もちのお菓子、夏のお菓子、秋の栗を使ったお菓子といろいろあるんです。
結構楽しみながら整理できました。

そういえば、おやつ菓子はあまりブログで紹介していなかったな~と気づいたので、今やっているもちのお菓子である里のもちを紹介しちゃおうと思います。

里のもちは、玄米粉を混ぜ込んだ新粉のお餅でこしあんを包み、山帰来の葉で挟んだお菓子です。

里のもち、玄米粉が混ざっているので香ばしいんです。大坂家のあんこはもともと甘さがくどくないですが、香ばしいおかげでさらにパクパクといけちゃいます。
そして、玄米って最近マクロビオテックなど健康食品として注目されてますよね。でも、玄米粉は和菓子の材料として昔からあったものなんだそうです。和菓子ってつくづく健康的ですね。

里のもちができたきっかけを聞いたところ、昔和菓子協会でみんなで玄米だんごをやろうということになり、そのとき仕入れた玄米粉を使って考えたのが里のもちなんだそうです。
それがすっかり評判になり、ロングセラーとなっているんだそうです。

もちを包んでいる山帰来の葉は、関西より西の方ではもちや団子を包むのによく使われる葉です。
私はここで初めて見ましたが、関西より西の方が買い物にいらっしゃるとよく「なつかしい」とおっしゃいます。

桜大福が終わる4月中旬から12月いっぱいまで置いてありますので、ぜひお試しください。
by o-sakaya | 2007-07-04 14:49