人気ブログランキング |

東京都港区三田にある、元禄年間創業和菓子の老舗「秋色庵大坂家」。店番をしながらつらつらとつづっているブログです。ホームページはhttp://www.o-sakaya.comです。


by o-sakaya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

雑誌の取材がありました

a0084767_16244628.jpg
こんにちは。アルバイトの小沢です。

今日は週間現代の取材がありました。取材が2日連続ですヽ(^o^)丿

今日は作家で1995年に亡くなられた山口瞳先生とのからみで、前に織部饅頭のヒミツという記事で紹介させていただきましたが、16代目と先生のお母様とのエピソードや先生がよくこちらにお菓子を買いに来てくださったことなどを17代目がお話しました。

それで、この写真は16代目が織部饅頭の色を研究しているとき見本にした織部焼です。このお皿は大坂家の家宝なんだそうですよ~。織部饅頭のお話だったので、家の奥深くから登場しました。
とても深~い渋~い緑色をしています。

あと、取材の際に撮影した織部饅頭、いつもと違う感じで映っていると思いますので、楽しみにしててください。

掲載誌の発売は、12月の予定です。
はっきりした日付が決まりましたらまた紹介させていただきます。
by o-sakaya | 2007-10-31 17:13
a0084767_16531668.jpg
こんにちは。アルバイトの小沢です。

今日はテレビの撮影でNHKの方がいらっしゃいました。
写真はもう撤収しかけですが、テレビの機材です。

番組は「COOL JAPAN 〜発掘!かっこいいニッポン〜 留学生スペシャル!」というBSハイビジョンとBS1で放送されるもので、「留学生が選ぶ!世界に広めたい“日本の文化遺産”best5」の中で「家族経営の老舗」があり、大坂家が取材を受けることになりました。

取材は朝の6時から始まって、和菓子を作っている様子から始まり、17代、18代、19代、20代になるかもしれない?4歳の長男それぞれのインタビュー、17代、18代、19代揃っての座談会、家族勢揃いでの撮影などがあり、今終わったところです。
取材のみなさま、おつかれさまでした。

なんでも海外では家族が代々商売を続けていく、というのが珍しいんだそうで、取材で一緒にいらっしゃったオーストリア出身の留学生にいろいろと質問を受けました。

さて、どんな風に放送されるのでしょう???楽しみです。

放送予定はこんな感じです。

NHK BSハイビジョン
 平成19年12月12日(水)1部 19:00~19:50
               2部 20:00~20:40(2部に出る予定です。)

BS1
 平成19年12月16日(日) (午前)0:30~2:00

また放送近くなったら宣伝させてもらいます♪
by o-sakaya | 2007-10-30 17:20
a0084767_17275431.jpg
こんにちは。アルバイトの小沢です。

小豆の新豆ができたそうです。
小豆を作ってくださっている北海道の農家のみなさま、今年もありがとうございます。

今、重松清さんの「カシオペアの丘で」を読んでいて(電車の中で読んでポロポロ泣いている私…)、物語の舞台が北海道の北都市という旭川から車で2時間くらいかかるところ(架空の市のようですね)なのですが、そこの季節の描写で、10月になるとあっという間に肌寒くなり、山々にはすでに筋状に雪が積もっている、とありました。
北海道の冬は、すぐそこなんですね。

短い春夏にすくすく育った自然の力いっぱいの小豆、楽しみです。

ちなみに、今年の小豆が大坂家のお菓子に使われるのは来年の1月ごろ。
新豆は品質が安定していないので、すぐには使わないそうです。
お米は新米がアピールポイントになりますが、小豆はそうでもないんですね。
新豆を使ったお菓子をどうぞお楽しみに♪
by o-sakaya | 2007-10-25 17:36

明日は十三夜です

こんにちは。アルバイトの小沢です。

明日10月23日は十三夜です。
十三夜は、ちょうど食べ頃の大豆や栗などを供えることから、この夜の月を豆名月または栗名月とも言うそうです。

十五夜と十三夜どちらか片方の月見しかしないのは「片月見」または「片見月」と言って嫌われたそうで、もし十五夜にお月見を楽しんだお客様!明日も天気がよいようですからお月見楽しみましょう。

といっても数量限定ですので、お早めにご来店いただくか、お取り置きしますのでお電話(03-3451-7465)でご連絡ください。

お待ちしておりまーす。
by o-sakaya | 2007-10-22 17:44

むらさきしぐれですよ

a0084767_1622321.jpg
こんにちは。アルバイトの小沢です。

昨日は肌にピリッとくるような寒さでしたが、今日は過ごしやすいですね~。
この爽やかな陽気、いいですね~。秋ですね~。。。

秋と言えば、栗とかいもとか柿とか自然の力がギュッと凝縮されたような味がするものがいっぱいですね。
今日は期間限定のお菓子、紫芋を使った紫時雨(むらさきしぐれ)をご紹介します。

紫時雨は、紫芋と白あんを蒸したものです。(ちなみに、君時雨は卵の黄身と白あんを蒸したものです。)
芋なだけに君時雨よりずしっとしています。
味はもちろん「芋!」です。
みかけの紫の部分は紫芋と白あんを混ぜたところ、真ん中の黄色はアクセントに君時雨の生地をちょこっとのせています。

この紫芋の紫の色素は、ポリフェノール(ほとんどの植物に含まれている色素や渋み・苦みの成分のこと)の一種であるアントシアニンという成分で、ワインの原料であるブドウや、ブルーベリー、あずき、赤じそなどに含まれているものといっしょです。
そして、アントシアニンをとることによって、次のような効果が期待されるそうです。

【抗酸化作用】
脳の老化の防止や血液をサラサラにし血圧を抑制する働きをします。ビタミンEの50倍もの抗酸化作用があるんだそうです。
アントシアニンを摂取する際は、ビタミンCと一緒に摂ると抗酸化作用が5倍になるとの報告もあり、ビタミンCとの同時摂取が望ましいそうです。

【糖尿病の予防】
毛細血管の強化を促し、血管のトラブルに対して効果を発揮します。
糖尿病の合併症の一つ、網膜剥離に対して高い予防効果があるんだそうです。

【コラーゲンの安定】
肌の弾力性を保つ働きがあるコラーゲンの合成を促進させて、一定のコラーゲンを保ち続けられるように働きかける効果があります。

【視力の改善、眼精疲労の回復】
人が物を見るのに必要な色素の一つであるロドプシンという成分の働きを活性化・再構成させる効果があります。
ロドプシンは、光や長時間の酷使・加齢によって分解されて減少していき、減少していく程物が見づらくなってしまいます。そのロドプシンを再構成するのを助けるのがアントシアニンです。
なので、再び目が見えやすくなったり、目の疲れを和らげたり、祖力・近視の回復を促したりするんだそうです。

あぁ、私近視なんですけど、紫時雨食べたら視力よくなるかな…
ってどれだけ食べればいいのだろう???

今回はうんちく語ってみましたが、頭を使わなくてもおいしいものはおいしいので、秋の味覚を味わいにいらっしゃってください。
by o-sakaya | 2007-10-17 16:10

特注お菓子のご紹介

こんにちは。アルバイトの小沢です。

先週は婚礼の引き菓子やお寺の行事で出されるお供物など、たくさんの注文をいただいてバタバタしておりました。
天候も気持ちよくてイベントにはもってこいの季節ですね。

さて、「大坂家はこんなことできるんだよ~」ということで、先週用意しました引き菓子のご紹介をします。

a0084767_1763690.jpgこの千代紙を使った六角の箱、店頭では最中やお汁粉、羊羹を詰めた形で出しているものですが…
(六角の箱の柄を活かしてほしいとのお客様からのご要望で、いつもは包装するのですが、紅白のひもで結んだだけにしました。)


a0084767_1771074.jpgこーんな感じで、いろいろなお菓子を詰めることもできます。
(金平糖の下にはくず湯が入っています。)









a0084767_1773793.jpgこの柄は今回婚礼ということで特別な柄です。
鶴がいっぱいで、めでたいメデタイ。
ちなみにこの箱、ひとつひとつ手作りでしっかりしているので、お菓子がなくなった後は小物入れやお裁縫箱などに使ってくださっているお客様もいらっしゃって、とても人気があります。





ほかにも、最中の色はいつもは緑と茶と白ですが紅と白にしたり(すごくかわいかったのですが写真とりそびれました^^;)、誕生日祝い用におまんじゅうに「祝」の焼印を押したり、こんな特注商品を受けたりしています。

なので、ご要望がございましたら遠慮なくおっしゃってください。私達はお客様にご満足いただけたときが一番うれしいときです。
by o-sakaya | 2007-10-15 17:13

栗、栗、栗…

こんにちは。アルバイトの小沢です。

すっかり秋らしくなってきましたね。
秋といえばサンマ!味が好きだし、経済的だし、焼けば立派なおかずになるし。でも秋以外に食べるとなんとなくおいしくない。今の時期に存分に味わいたいと思っています。

さて、お菓子の世界で秋といえば「栗」です。栗を使ったお菓子がそろっていますよ~。

a0084767_14403783.jpgまずは、十五夜の記事でもご紹介した「栗月夜」
栗月夜は小ぶりの栗を使うため、もしかすると今週まで?のお菓子です。
冷えた黒糖の寒天と栗が混ざったときの食感がいいんですよ。
あと、黒糖の寒天の風味がよくて、いい黒糖を使っているからかくどさがなくて、「この黒糖の寒天が好き」と毎年楽しみに買いに来てくださるお客様もいらっしゃいます。

a0084767_1441668.jpg次は「栗かのこ」
栗かのこをやっているお店、最近少ないんだそうです。
火曜日から始めましたが、飛ぶように売れています。
芯に羊羹が入っていて、まわりに自家製のこしあん、まわりに大きな栗がついています。
芯に入っている羊羹が好きというお客様もいらっしゃるんだそうです。
(私は芯の羊羹に気づかず食べちゃいましたが…)

a0084767_14415139.jpgそして、今月のお菓子「栗しぼり」
周りは刻んだ栗を混ぜた白あん、中には黄身あんが入っています。
栗がまるごと入っているわけではありませんが、食べると「栗~!」と栗の味と風味がしっかり伝わってきます。
中の黄身あんがいい味を出しているのもあると思います。
私の家族はこれが大好きです。

a0084767_14424148.jpg最後に「栗むし羊羹」です。
大坂家の栗むしようかんは、上に栗が載っているタイプでなく、羊羹の中に栗がゴロゴロ入っているタイプです。
なので、食べると栗と蒸しようかんの味がしっかり混ざります。
昨年の記事にもありますが、作り置きができないため、午前中になくなることもしばしば。栗むし羊羹を買いに来てくださったお客様にお断りをするのがとてもしのびないのです…
「今日は栗むし羊羹を食べたい!」という気分になったら、ぜひお店にご連絡くださいませ。

あとあと、今はまだお店にないのですが「やきぐり」というお菓子も出ます。
これが出たら、大坂家の栗のお菓子の完成♪です。
これは出たときまたご紹介させていただきます。
by o-sakaya | 2007-10-04 14:49