東京都港区三田にある、元禄年間創業和菓子の老舗「秋色庵大坂家」。店番をしながらつらつらとつづっているブログです。ホームページはhttp://www.o-sakaya.comです。


by o-sakaya
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

まんじゅうこわい~

どうも。大坂家の看板娘?です。

秋口から続く自宅のマンションの耐震化工事でいつも通らない通路を歩くようになったら、エントランスに紅白の梅の鉢植えが交互に並べられていたことに気づき、日々蕾が開いていくのを目の当たりにしています。もう6~7分咲きといったところですが、朝子供達を追い立てながら目をやるとほんの少し和やかになることが出来て、花って不思議だなぁとつくづく思います。

さて、先日某お家元様からのご注文で一日中お饅頭に囲まれました。どこをみても紅白饅頭だらけ。
a0084767_1453862.jpg

甘~い蒸気のあがる工場に続くお店の裏にいくと、つまみ食いしてもいいですか?という衝動に駆られながらも黙々と箱詰め作業。。。
a0084767_1502931.jpg

製造から包装まで全て手作業なので、大量注文の場合ゴールが見えてくると密かに達成感に包まれます。そして余分にできたお饅頭(器量が悪い等の理由ではじかれたもの)をみんなでおやつにするのです♪自然とニコニコしてしまう、花と同様、不思議な魅力ですね!

・・・大坂家では紅白饅頭は特注でお作りしております。大きさ・数の多少に関わらず、お気軽にご相談下さいませ。耳寄り情報・・・極々たま~にですが、余分にできたお饅頭が店頭に並ぶこともありますよ。
[PR]
by o-sakaya | 2009-01-28 15:48

福豆食べて福が来る~

こんにちは。アルバイトの小沢です。

最近、よく物を落とします。プレゼントを電車の網棚に忘れたり、駅で手袋の片方を落としたり、ショッピングセンターでマフラーを落としたり…

プレゼントは戻ってこなかったのですが、手袋とマフラーはラッキーなことに見つかったのです!

これは、もしかして福豆を食べているおかげじゃないかと。
a0084767_1648811.jpg

このお豆、大袖振豆という種類の豆を使っていて、ちょっと塩味が効いているので、食べ始めるとやめられません、とまりません。
お酒のつまみにもなります。

手袋を落としたとき、ちょうど自宅に福豆があったので、駅員の方に「この豆おいしいので、みなさんでどうぞ」とお渡ししました。(謙虚に「つまらないもの」と言わず、素直に思ったことを言ってしまった…)

福豆食べて、みなさんに福が来ますように。
[PR]
by o-sakaya | 2009-01-22 17:00

展示入れ替えのおしらせ

どうも。大坂家の看板娘?です。

今日は、スカーーーーっ☆と快晴ですね。風が冷たいけれど、陽だまりに止めておいた自転車のサドルはとてもほかほかしていました。さて、前回のブログで絵馬と呼んでいたのは「駒」の誤りでした。一応過去のも改正しておきましたのでなんとなくご報告までに。

さて現在大坂家では、主に生菓子の進物箱10個入りなどの掛け紙に使用している絵の原画を展示しています。新派の花形だった喜多村緑朗さん、伊志井寛さん、小堀誠さんによる寄せ書きの色紙です。50年ほど前の作品です。16代が親交があったとのことで、当時銀座店を開いた時に開店記念にと描いて下さったんだそうです。ご来店の際にはどうぞご覧下さいませ。
a0084767_15171858.jpg

おまけ。。。
催事の告知です。2月18日(水)から3月2日(月)までの期間、横浜高島屋で開催される「第29回グルメのための味百選」に限定販売として秋色最中を出すことになりました。お近くにお越しの際はぜひご用命下さいませ♪
[PR]
by o-sakaya | 2009-01-16 15:37

駒コレ2009開催中

どうも、「あけましておめでとうございます」っていうのは昨日までだった大坂家の看板娘?です。
a0084767_1715989.jpg



あっという間に松が明け、普段の生活に戻りました。そんなに暴飲暴食したわけでもないのに、昨日の七草粥がとっても身に沁みたのは重ねた歳のせい???皆様はいかがお過ごしだったでしょうか?

さて現在店頭にて駒コレ2009を開催中です。(注:駒コレとは駒コレクションの略です・・・)今年も無事に十八代当主が三島大社へ参ってきました。そして恒例の駒をお店に展示してあります。今年は丑年。今年の駒の丑は黒い牛。へぇ~やっぱり黒毛和牛なんだ、なんて肉屋さんを彷彿として見てみたら1985年のものは神聖な感じのする白い牛。そして1961年のものはやっぱり黒毛。ジャージー牛はいないのね、なんて下世話な感想をもってしまいました。ちょっと調べてみたら和牛と一口に言ってもその殆どが西洋種の影響を受けていて、純粋な在来種としては見島牛(山口県)と口之島牛(鹿児島県)という二種類しか現存していないのだそうです。在来種は黒か褐色、または腹側に少し白い斑がある黒い牛なのだそうです。調べてみたら奥が深そうで、ここではこれ以上は省略させて頂きます。。。

a0084767_17153962.jpg
ちなみに
2008年はこちら
2007年はこちら
恒例の粟(あわ)大福を始めました!粟餅でたっぷりとつぶあんを包みました。さっぱりとあとをひなかい甘さで、甘いものが苦手という方にも「これだけは大丈夫」といってお求めになるお客様もいらっしゃるほど。昨日からの発売ですが、連日売り切れています。そんな粟大福、どうぞ一度ご賞味くださいませ。

ではでは、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
[PR]
by o-sakaya | 2009-01-08 17:17