東京都港区三田にある、元禄年間創業和菓子の老舗「秋色庵大坂家」。店番をしながらつらつらとつづっているブログです。ホームページはhttp://www.o-sakaya.comです。


by o-sakaya
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

どうも、大坂家の看板娘?です。

昨日、朝5時に起きて開業したばかりの東北新幹線で青森へ日帰り旅をしました。もちろん、子連れです!雪国へ連れて行くのは初めてなので、三人とも全面真っ白い世界にはしゃぎまくって、寒さを忘れて全身ズブ濡れになっていました。さらさらの雪って、握ってもなかなか雪玉が出来ないんですね~。粉雪を掛け合って遊び、4階建ての高さに匹敵する壮大な立佞武多に圧倒され、ストーブ列車にゆられてあぶったスルメを堪能してきました。ねぶたって、ねプたとねブたとあるんですって!ちなみに津軽のはねプただそうです。ちょっと勉強しちゃいました。
a0084767_1941033.jpg


さて、前回の記事の正解発表です。

「春夏冬 2升5合」
とは
「商い 益々 繁盛」
なんですねぇ~。

「春夏冬」→秋がない=あきない=商い
「2升5合」→1升枡がふたつと5合(1升の半分)=枡、枡、半升=ますます 繁盛

みなさん、わかりましたか?江戸っ子の洒落、なかなかとんちがきいてますね!おやじギャグを通り越して、さしずめご先祖ギャグってやつですかね(笑)

=======================================
さて、突然ですが明日で粟(あわ)大福を販売終了致します。
いよいよあさって2月2日からは「草大福」「桜もち」がお目見えしますよ!2月4日で立春ですから、一足先に春を楽しんじゃいましょう♪どうぞお楽しみに!
by o-sakaya | 2011-01-31 19:49
どうも。大坂家の看板娘?です。

数日前、特有の喉・耳の痒みとくしゃみが気になりました。これって・・・やっぱりもう花粉が来てるのでしょうか??みなさんはいかがですか?

さて、二月三日は「節分」ですよ!季節を分けると書いて節分。旧暦ではこの日を境に翌日には立春=春なんですね~。現代はこの日に春を感じるにはちょっぴり早すぎるように思いますが、今年の旧暦に当てはめたら3月8日。きっとその頃にはもっと実感できるのかもしれませんね。
a0084767_17461342.jpg
今年は早々とお店のディスプレイも節分モードにしてみました。なんと鬼のお面は作家モノ!!しかもその作家は若干7歳!・・・って、うちの長男です(笑)去年保育園で作ってきたものですが、結構しっかり出来ているので飾ってみました。

そして、枡には商品の福豆を。この福豆、国産の大袖振豆を香ばしく煎り、真昆布とあわせたお豆です。豆の甘味と、昆布の塩気の絶妙なバランスがあとをひくんですよ。お酒のおつまみにも合うそうですよ。また、天井から吊り下がってる一升枡は、実は戦前のもの。あまりに古く、ガムテープで補強してしまったのですが、最近まで使われておりました。

====================================
ところで豆の脇にある紙片に書いてある漢字、何て書いてあるか読めますか?

「春夏冬 二升五合」
ちょっと昔の大坂家では普通に使っていた言葉だそう。ヒントは江戸の洒落です。正解は・・・また次回アップするとしましょう(笑)

答えが思いついた方、ご存知の方、お気軽にコメントにて発表してみて下さいね!正解者には福豆送っちゃいますよ!締め切りは1月28日までとしま~す。
by o-sakaya | 2011-01-24 17:50
どうも、大坂家の看板娘?です。

先週の連休に四世代で伊豆高原へ行きました。下は3歳から上は94歳まで、総勢8名の車での大移動。帰りはお昼に現地を経ったものの、帰宅したのはなんと7時過ぎ。渋滞に巻き込まれながらも、途中で幾多のトイレコール・・・。一番辛かったのは運転してた人だったに違いない旅でした(笑)

さて、そんな旅の晩に始まったNHK大河ドラマ 「江(ごう)~姫たちの戦国」 ご覧になった方いらっしゃいますでしょうか?

主人公の江姫は大坂家からほど近い、芝大門にあります増上寺に祀られていらっしゃいます。歴史の好きな方はご存知かと思いますが、織田信長の姪にあたり、その人生は幾多の政略結婚の末に二代将軍徳川秀忠公と共に増上寺に葬られるまで、波瀾万丈の人生を生き抜いた女性です。現代になってから増上寺を調査のため発掘し、その遺骨が確認されたことも明らかになっていらっしゃいます。

そんな江姫を盛り上げようと、増上寺のある港区がキャラクターを作成。歴史好きな十八代目がこれにちなんで大坂家オリジナルの新製品を考えました。その名も「江姫」。
まずは”春”の江姫です。
a0084767_16523534.jpg

永禄12年(1569年)ポルトガルから織田信長に献上されたものが始まりと言われている金平糖。江姫も、ひょっとしたら口にする機会があったかもしれませんね?!和三盆糖で出来た江姫のまわりを、そんな金平糖で彩りました。季節ごとに内容を変えて、一年間の限定販売です。
夏はどのような内容になるか、どうぞお楽しみに♪

また、この商品は数量限定ですが、発送も可能です。お日持ちも良く、話題性もあるのでちょっとした手土産としてオススメです!万が一まとまった数の場合はお日にちを頂戴する場合もあるかもしれませんが、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ご購入はコチラよりどうぞ。
http://www.o-sakaya.com/ec/products/detail.php?product_id=206
by o-sakaya | 2011-01-15 17:42
どうも、お正月の暴食が祟っているらしく、厄年を痛感中の看板娘?です。。。

昨日は子供達の通う保育園でおもちつきがありました。真ん中の娘はきな粉もちをおかわりしたほど美味しかったようです。確かに、自分達で一生懸命に搗いたお餅は格別ですよね!そういえば、幼いころから自家製のお餅が一年中手に入る環境にいる為か、未だにお餅を買ったことがないなぁ、、、とふと気づいた今日この頃です。

さて、お正月恒例の「駒コレ2011」細々と展示中です。今年も無事に18代店主が三島に行って参りました。
a0084767_1029076.jpg
a0084767_10294634.jpg

還暦を迎えた店主が12年間お正月に三島大社に赴くいうしきたりがあり、16代・17代・18代がその時に買い求めた駒を一堂に展示しています。一番古い物(左)から1963年・1987年・2011年の駒です。表裏、それぞれに異なるのが興味深いです。一番古いのはやはり印刷技術等も今とは異なりますから、完全に手描き。よーーーっく見ているうちにその時筆を握っていた人の息づかいなど、タイムマシンのように感じる事が出来ますよ!

ショーウインドの上に飾ってありますので、御来店の際にはぜひご覧下さいませ。今月末頃まで展示しておく予定です。
by o-sakaya | 2011-01-07 10:37
どうも、年女になりました、大坂家の看板娘?です。みなさま、新年あけましておめでとうございます。本年も変わらぬ御愛顧を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。本年がみなさまにとっても良い年になりますよう、心より祈念致します。ではでは。
a0084767_1637335.jpg

by o-sakaya | 2011-01-04 16:39