東京都港区三田にある、元禄年間創業和菓子の老舗「秋色庵大坂家」。店番をしながらつらつらとつづっているブログです。ホームページはhttp://www.o-sakaya.comです。


by o-sakaya
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:お誂え ( 9 ) タグの人気記事

一升餅は一生餅

どうも、大坂家の看板娘?です。

「気がつけば もう師走なの アラフォー女子」 大人になると毎日が目まぐるしく過ぎていきますね。今週で11月も終わりです。早いなぁ~~~

さて、元アルバイトの小沢さんがめでたく出産しちょうど一年!すくすくと育っているようで、晴れて一生餅での御祝を。
a0084767_1005352.jpg
おめでとう!!なかなかのいい表情ですよねぇ~。見た人みんなが癒される笑顔です。周りにいたご家族もきっと同じような表情になっていたに違いありません。

美尋ちゃんはまだあんよが立たないそうなので、一升餅を二つに分けてあげました。ふたつ合わせると通常の一升餅ひとつの重量1.8キロになります。片方に「寿」、もう片方にお名前を入れました。
a0084767_955475.jpg
一升餅は”一生餅”とも言われ、1歳のお誕生を祝うだけでなく、一生食べ物に困りませんようにという願いを込めて行う大切な行事(本人にとっては試練?!)なのです。風呂敷で包んで背負わせて立たせると、たいていはその重さ(体重の約5分の1ほど)にしりもちをついて泣いてしまいますがこれにも意味があるそうで、”一人立ちしても一生というのはそう易しいものではない”というのを言葉でなく伝えるとも言われるそうですよ。

ちなみに・・・うちの真ん中の子もやっとやっとで立たせたものの、泣いてましたっけ。そしてなぜかお兄ちゃんが代わりに背負う羽目になっていたように記憶しています(笑)

一升餅のご注文は3日前までにご注文下さいませ。(お急ぎの場合はご相談下さい。可能な限り対応させて頂きます。)よろしくお願い致します。
by o-sakaya | 2013-11-26 11:33

母の日ねりきり

どうも、大坂家の看板娘?です。

あっという間に端午の節句も過ぎ、連休モードから日常モードへと切り替わりました。実は我が家も束の間の連休に茂木周辺に遊びに行きました。ちょうど竜巻があった近辺です。現地で出逢った方々の安否が気になります。竜巻被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

さて。話はがらりと変わります。

あさっては母の日。いざお母さんになって母の日を迎えるとなんだかもぞもぞしますが、やっぱり形にして貰うと嬉しいものですね。大坂家では「母の日」と題したカーネーションの練り切りをお作りしております。
a0084767_11101145.jpg
和菓子の好きなお母さんにいかがですか?


練り切りといえば、お子様造形教室に素材として練り切りを提供致しました。(普段は一切提供致しておりません、悪しからず。)お子様の自由な発想でお母さんに和菓子を贈ろうという趣旨のもと、以下のような可愛らしい練り切りの作品が出来上がりました。
a0084767_11132349.jpg
a0084767_11132496.jpg
a0084767_11141332.jpg
(↑こちらはほぼ実寸。約5センチ角の容器にこれだけたくさんの細かい細工菓子が!すごいですね~)

こんな素敵な企画をして下さったお教室はミロこども美術共育研究室さん。(リンクに飛べない場合、URLはhttp://miro-art.org/)広尾駅から徒歩1分ほどの所にあり、昔ながらの水汲みポンプがあったり有栖川公園もすぐ目の前。昭和の香り漂う、とても魅力的なお教室ですよ!個人的にオススメです♪

みなさまも、素敵な母の日をお迎え下さいませ~~~
by o-sakaya | 2012-05-11 11:30

オリジナル紅白最中♪

どうも。大坂家の看板娘?です。

長男の通う小学校の運動会は火曜日に延期になりそうです。平日なので給食がある為お弁当は無用だとか。こんな経験初めてなので、なんだかワクワクしているのは私だけ?いわゆる恒例の”運動会の昼休み”はどうなるんでしょうね?運動会予定日の明日は、日曜日なのに授業があるみたいですが。。。

さて、特別注文がありました。お客様自らオリジナル焼き印をお持ち込みでのご注文です。いつものと違って慣れない電気式の焼き印に四苦八苦しながらの製作でしたが、文字通り職人魂に火がつきました。
a0084767_16325355.jpg
紅白の最中です。なんと「なんじゃもんじゃハウス」というツリーハウスの上棟式にお配りしたそうですよ!ツリーハウス、サイトを覗いてみたらなんだかとっても魅力的ですよ。なにはともあれこの最中を手にしたお客様に喜んでいただけてますように!

大坂家ではこのようなオリジナルのお菓子のご注文も賜ります。可能な限りでご協力致しますのでどうぞお気軽にご相談下さいませ~。
by o-sakaya | 2011-05-28 16:43
どうも、大坂家の看板娘?です。

先週の連休に四世代で伊豆高原へ行きました。下は3歳から上は94歳まで、総勢8名の車での大移動。帰りはお昼に現地を経ったものの、帰宅したのはなんと7時過ぎ。渋滞に巻き込まれながらも、途中で幾多のトイレコール・・・。一番辛かったのは運転してた人だったに違いない旅でした(笑)

さて、そんな旅の晩に始まったNHK大河ドラマ 「江(ごう)~姫たちの戦国」 ご覧になった方いらっしゃいますでしょうか?

主人公の江姫は大坂家からほど近い、芝大門にあります増上寺に祀られていらっしゃいます。歴史の好きな方はご存知かと思いますが、織田信長の姪にあたり、その人生は幾多の政略結婚の末に二代将軍徳川秀忠公と共に増上寺に葬られるまで、波瀾万丈の人生を生き抜いた女性です。現代になってから増上寺を調査のため発掘し、その遺骨が確認されたことも明らかになっていらっしゃいます。

そんな江姫を盛り上げようと、増上寺のある港区がキャラクターを作成。歴史好きな十八代目がこれにちなんで大坂家オリジナルの新製品を考えました。その名も「江姫」。
まずは”春”の江姫です。
a0084767_16523534.jpg

永禄12年(1569年)ポルトガルから織田信長に献上されたものが始まりと言われている金平糖。江姫も、ひょっとしたら口にする機会があったかもしれませんね?!和三盆糖で出来た江姫のまわりを、そんな金平糖で彩りました。季節ごとに内容を変えて、一年間の限定販売です。
夏はどのような内容になるか、どうぞお楽しみに♪

また、この商品は数量限定ですが、発送も可能です。お日持ちも良く、話題性もあるのでちょっとした手土産としてオススメです!万が一まとまった数の場合はお日にちを頂戴する場合もあるかもしれませんが、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ご購入はコチラよりどうぞ。
http://www.o-sakaya.com/ec/products/detail.php?product_id=206
by o-sakaya | 2011-01-15 17:42

傘寿のお祝い

どうも。大坂家の看板娘?です。

気が付けばもう9月は目の前。長いような短いような学校の夏休みが終わります。宿題は無事に終わりましたか?子供たちには名残惜しく、親御さんはホッッッっとしてることでしょう(笑)

本日、傘寿のお祝いで能を舞うお客様からのご注文がございました。夏らしく、涼しげな仕上がりに。
a0084767_18443133.jpg
織部饅頭に「寿」の焼印を施し、鶴を練りきり、亀を道明寺羹で現しました。

傘寿を迎えても矍鑠(かくしゃく)としていらして、ステキなお客様でした。おめでとうございます!
by o-sakaya | 2010-08-28 18:45

菊慈童

どうも。大坂家の看板娘?です。

はじまりましたね、シルバーウイーク。この期間中は天気もよくて、行楽にはもってこいのようです。でもお仕事があるので、うちの子供たちは休日保育へ。初めて行く保育園にワクワクしながら笑顔で朝別れました。彼らにとっては初めて行く保育園が行楽のようで・・・。それもまたよし、かな(笑)そんな中、大坂家ではお彼岸の入りなので、おかげさまでおはぎが好評を頂いております。

さて、先日日舞のおさらいのまきもののご注文がありました。お題は「菊慈童」。重陽に絡んだお話です。物語のあらすじはこのような感じです・・・↓
(http://blog.livedoor.jp/nisikawaryu1/archives/51106427.html)

フムフム、物凄く大雑把に要約すると菊の露を飲んでいると不老不死ということでしょうか。悪さをしてもいいつけをきちんと守ればよいことがある・・・うちの子供によ~~っく言い聞かせたいところです(笑)

ご注文主様とのやりとりの中で菊慈童を踊る際に赤い柄の中国うちわを小道具として用いるとのことでしたので、菊の咲き誇る中にうちわを手に踊る様を現してみました。うちわは絹張りだったりするそうなので、可能な限り薄く透けるようにしてみました。
a0084767_1552686.jpg

白練り切りにピンク色の練りきりを貼って透かすよりも、小豆練りきりに色を施した方が色の印象が落ち着くので、ご注文主様のご年齢に応じた落ち着いた派手やかさを演出してみました。

大坂家では、このようにお客様のご意向に添って特別注文にて上生菓子をお作り致しております。お気軽にご相談下さいませ。

秋色庵大坂家
電話03-3451-7465
FAX03-3451-7029
メール shop@o-sakaya.com
by o-sakaya | 2009-09-20 16:09

浮島ケーキ?

どうも。大坂家の看板娘?です。

今週末は大坂家のある三田の春日神社のお祭り。昨日あたりから町中にお囃子が響き渡っています。2年前のお祭りの時に末娘の陣痛が始まったので、この先きっとお祭り好きな子になるのかな?なんて思っています。

そんな末娘ですが乳製品アレルギーがまだ解除にならず、今年のお誕生日のケーキもお父さん特製の虎豆入り浮島に、私が羊羹でアンパンマンを描きいれました。
a0084767_1241374.jpg
しかし元々小麦粉のアレルギーもあったためケーキを食べる習慣がなく、アンパンマンには喜んだものの浮島をあげてみても当の本人は「いな(ら)ない!」と拒否。まあ2歳なんてそんなもんだよね(笑)と私達。でも93歳の曽祖父には好評で、結局大人が全部食べてしまいました。。。

ここだけの話ひょっとしたら・・・もっと試行錯誤して製品化するかもしれませんよ。あ、もちろんアンマンパンは全く関係ありませんが(笑)その時はどうぞ宜しくお願い致します♪

ちなみに大坂家では以前にも、お客様からの特注で羊羹を流し合わせた浮島ケーキをお作りしました。
a0084767_127468.jpg

詳細はこちらからご覧いただけます。ちょっとよそにないお誂え和菓子はいかがでしょう?お気軽にお問い合わせ下さいませ~♪

秋色庵大坂家
電話03-3451-7465
FAX03-3451-7029
メール shop@o-sakaya.com
by o-sakaya | 2009-09-12 12:42

お誂え和菓子 第二弾

こんにちは。アルバイトの小沢です。

昨日和菓子ケーキの注文2回目がありました。
前回は桜の模様でしたが、今回はもうすぐ秋ということで、紅葉。
前回と同様、浮島に錦玉羹を流したものです。
a0084767_14392969.jpg

(シートをつけたまま写真を撮ったので、光ってしまっていますが…)

今回も浮島のしっとりした生地と錦玉羹の食感がいい具合でした。
このケーキを食べた方がうらやましい!!!

写真は約18cm四方で作っています(だいたい16人分)が、人数に合わせて大きさを変えられますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

いつもと違うケーキをプレゼントしてビックリさせてみませんか~。
by o-sakaya | 2008-09-10 14:57

お誂え和菓子

こんにちは。アルバイトの小沢です。

今週は良いお天気が続いていますね。
枝だけになっていた我が家の庭にある山ぼうしに若い葉がちらほらと見えるようになりました。
街路樹の緑もとてもきれいで、今の季節の犬の散歩はとても気持ちいいです。

さて、桜が散る頃の話なのですが、「ケーキを食べない方に和菓子のケーキを差し上げたい」とお問い合わせをいただきました。
素人の私は「桜餅の皮とあんこを重ねてミルフィーユ風にする?」なんてあんまりおいしそうでない発想をしたのですが、さすがプロはちがいまして^^;、錦玉羹と浮島でステキな和菓子ケーキができました。
a0084767_16264946.gif

下に白あんを使った浮島の生地、上は抹茶が入った錦玉羹で、桜の花も同じく錦玉羹で型をとっています。
写真は試作段階のもので、本番のケーキは花がもっと増えて豪華な見栄えになりました。

浮島とはあんを入れた蒸し菓子で、あんが入っているのでケーキのスポンジと比べるとしっとりしていてきめ細かい生地です。
錦玉羹は寒天を溶かして砂糖を加えて流し固めたもので、いわば和菓子のゼリーです。

私は成型して余った切れ端をいただいたのですが、浮島の生地のしっとり加減と錦玉羹の舌ざわり、抹茶の香りがとてもよくて、つまむのが止まりませんでした…

和菓子のケーキ、事前にご連絡いただければお作りいたしますので、お気軽にご相談ください。
by o-sakaya | 2008-05-01 16:27