東京都港区三田にある、元禄年間創業和菓子の老舗「秋色庵大坂家」。店番をしながらつらつらとつづっているブログです。ホームページはhttp://www.o-sakaya.comです。


by o-sakaya
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:駒コレ ( 8 ) タグの人気記事

a0084767_16394910.jpg
ヨッ、はしご乗りで新年のご挨拶!
新年あけましておめでとうございます。
本年も変わらぬご愛顧のほど、心よりお願い申し上げますと共に皆々様の益々のご健勝をお祈り申し上げます。

今年も駒コレクション開催中。1月下旬までの予定です。
還暦を迎えた店主がお正月に三島大社に詣でる習わしがあり、16代・17代・18代が詣でた時の駒(絵馬)を一堂に展示しています。
a0084767_17295714.jpg
画像左より、本年平成25年、昭和52年、昭和40年の巳年に買い求めた駒です。
a0084767_17315696.jpg
ちなみに裏はこのような焼印が捺してあります。それぞれの年代ごとに違いがあり、中でも昭和40年のものは完全に手書き。写真でもお気づきかと思いますが、蛇の表現が年を追うごとにイラスト的な表現になってきていますね。確かにリアルな蛇は苦手な方も少なくないからなのかも。。。そんな違いをご来店時にお楽しみ頂ければと思います。

昨年以降のものはそれぞれの年をクリックするとご覧頂けます。
2012年
2011年
2010年
2009年

ちなみに粟大福は1月8日(火)から発売の予定です。よろしくお願い致します!
by o-sakaya | 2013-01-05 17:41

プチ国芳展開催中

どうも、大坂家の看板娘?です。

寒さ本番ですね。夜になると窓辺のカーテンの隙間から冷気が忍び寄るのがよく分かります。子どもの寝冷えも気になりますね。巷ではインフルエンザのお友達がいるとちらほら耳にします。暖かくして加湿をしっかりとしてお過ごし下さいね。

さて、現在森アートミュージアムで「歌川国芳没後150年」が開催されています。先日私も観に行って来ました。細部までじっくりと鑑賞しましたが、同一人物の作品と思えないほど色んな作風が一同に会していて、とても見ごたえありましたよ。前期後期で展示の入れ替えがあるようで、後期も楽しみですね!

実は我らが先祖「秋色女」も国芳によって描かれているんですよ~。
a0084767_1316976.jpg
ということで、お店の壁にプチ国芳展を開催しています。(・・・たった一点です、あしからず)ご来店の際はご覧下さいませ。

駒コレも開催中で~す。
by o-sakaya | 2012-01-16 18:27
a0084767_11512588.jpg
遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。
本年が佳き一年となりますようお祈り申し上げます。
どうぞ変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

さて、お正月恒例の「駒コレ2012」開催中です!
a0084767_11533888.jpg
手前より48年前、36年前、今年の駒です。48年前は手描きなので、ぼかしてみたりして細部までの描写に苦労した感じを垣間見ることが出来ますね。

大坂家の当主が還暦を迎えると、お正月に静岡県の三島大社へ詣でて駒(絵馬)を入手してくる慣わしがあるのです。干支一周終えるまで必ず詣でることになっていて、11月に足の大手術をしたばかりの18代も無事に帰ってくることができました。そんな18代は来年ゴール。でもこれが長生きの秘訣なのでしょうか?17代は今年8回目の年男で96歳となります。

ちなみに19代は14年後にスタートを切る予定です。その頃はどんな駒になってるのか、楽しみです♪

1月末頃までの展示予定です。ご来店心よりお待ち申し上げております。
by o-sakaya | 2012-01-06 12:03
どうも、お正月の暴食が祟っているらしく、厄年を痛感中の看板娘?です。。。

昨日は子供達の通う保育園でおもちつきがありました。真ん中の娘はきな粉もちをおかわりしたほど美味しかったようです。確かに、自分達で一生懸命に搗いたお餅は格別ですよね!そういえば、幼いころから自家製のお餅が一年中手に入る環境にいる為か、未だにお餅を買ったことがないなぁ、、、とふと気づいた今日この頃です。

さて、お正月恒例の「駒コレ2011」細々と展示中です。今年も無事に18代店主が三島に行って参りました。
a0084767_1029076.jpg
a0084767_10294634.jpg

還暦を迎えた店主が12年間お正月に三島大社に赴くいうしきたりがあり、16代・17代・18代がその時に買い求めた駒を一堂に展示しています。一番古い物(左)から1963年・1987年・2011年の駒です。表裏、それぞれに異なるのが興味深いです。一番古いのはやはり印刷技術等も今とは異なりますから、完全に手描き。よーーーっく見ているうちにその時筆を握っていた人の息づかいなど、タイムマシンのように感じる事が出来ますよ!

ショーウインドの上に飾ってありますので、御来店の際にはぜひご覧下さいませ。今月末頃まで展示しておく予定です。
by o-sakaya | 2011-01-07 10:37

駒コレ2010開催中!

どうも。大坂家の看板娘?です。

連休だった週末に栃木県茂木へ旅行したら、ひょんなことからどんど焼きに参加させてもらえて、大きな藁のやぐらに点火までさせて頂きました。自分で言うのもなんですが都会っ子の私にとって、田んぼに足を踏み入れること自体滅多に無く、どんど焼きは物凄く刺激的でした。また翌日はそこで知り合った方と山の斜面をそりで滑ったり、野生の血が騒ぐような遊びをいくつも体験出来ました。こども達にとっても貴重な体験を沢山させて頂き、民宿たばたのみなさん、三早あそび隊体長、どうもありがとうございました。

前フリが長くなりましたが、現在大坂家の店頭にて毎年恒例の駒コレクションを展示しています。我が家の当主が60歳になると毎年お正月に三島神社へ詣でて、長寿を願いつつ12年間駒を買い求めてくるというしきたりがありまして、今年も無事に父が行って参りました。
2007はこちら
2008はこちら
2009はこちら
2010は↓↓↓
a0084767_14102279.jpg


今年はあえて絵の部分を隠して撮影してみました。焼印の違い、房の長さや木の質感に注目です!ちなみに店頭には40年ほど前の羽子板も飾ってありますので、ご興味のある方はどうぞご来店下さいませ~(笑)

あわ餅でつぶあんをたっぷり包んだ「あわ大福」好評発売中です!
by o-sakaya | 2010-01-13 14:21

駒コレ2009開催中

どうも、「あけましておめでとうございます」っていうのは昨日までだった大坂家の看板娘?です。
a0084767_1715989.jpg



あっという間に松が明け、普段の生活に戻りました。そんなに暴飲暴食したわけでもないのに、昨日の七草粥がとっても身に沁みたのは重ねた歳のせい???皆様はいかがお過ごしだったでしょうか?

さて現在店頭にて駒コレ2009を開催中です。(注:駒コレとは駒コレクションの略です・・・)今年も無事に十八代当主が三島大社へ参ってきました。そして恒例の駒をお店に展示してあります。今年は丑年。今年の駒の丑は黒い牛。へぇ~やっぱり黒毛和牛なんだ、なんて肉屋さんを彷彿として見てみたら1985年のものは神聖な感じのする白い牛。そして1961年のものはやっぱり黒毛。ジャージー牛はいないのね、なんて下世話な感想をもってしまいました。ちょっと調べてみたら和牛と一口に言ってもその殆どが西洋種の影響を受けていて、純粋な在来種としては見島牛(山口県)と口之島牛(鹿児島県)という二種類しか現存していないのだそうです。在来種は黒か褐色、または腹側に少し白い斑がある黒い牛なのだそうです。調べてみたら奥が深そうで、ここではこれ以上は省略させて頂きます。。。

a0084767_17153962.jpg
ちなみに
2008年はこちら
2007年はこちら
恒例の粟(あわ)大福を始めました!粟餅でたっぷりとつぶあんを包みました。さっぱりとあとをひなかい甘さで、甘いものが苦手という方にも「これだけは大丈夫」といってお求めになるお客様もいらっしゃるほど。昨日からの発売ですが、連日売り切れています。そんな粟大福、どうぞ一度ご賞味くださいませ。

ではでは、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
by o-sakaya | 2009-01-08 17:17
あけましておめでとうございます。
本年も変わらぬご愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。

どうも、大坂家の看板娘?です。

我が家のお正月はお天気も良く、帰省したり家でのんびりしたりして過ごしました。皆さんはいかがお過ごしだったでしょうか?うちでは60歳を過ぎたら恒例となっている三島大社のお参りを済ませ、新たな駒がコレクションに加わりました。

16代・17代・18代がそれぞれに1960年・1984年・2008年にお参りした駒を、店頭に飾ってあります。ご来店の折にご覧下さいませ。

今年一年がみなさまにとって良き年になりますようお祈り申し上げます。
a0084767_16215348.jpg

by o-sakaya | 2008-01-05 16:29
a0084767_180327.jpg
さっきまでショーウインドーの中に飾ってあった駒です。
実はこれ、上から順に手前どもの当主が16・17・18代と
三世代で集めた駒なのです。

どういうわけか還暦を迎えるとお正月に決まって
三島大社にお参りに行き、駒を買い求めるのが
我が家の当主の決まりごとなのです。
a0084767_1805034.jpg

一番上から1959年、1983年、そして今年2007年。
図柄も色々変わりますが、裏に刻印されている三島大社の焼印が
また全然違って、駒そのものの大きさと厚さが一番古いものが
一番小さいのが興味深いです。
駒自体の木の色が古い年代を醸し出しているでしょう?

私達の世代はあと約20年後に三島大社へ行きます。その時は
果たしてどんな駒になっているのでしょうか、楽しみです。

毎年お正月にはこの駒を店頭でお披露目しています。
今年はブログにのせるのが遅くなってしまいましたが、
来年はぜひ見にいらしてくださいね。
by o-sakaya | 2007-01-16 18:07